日本舞踊家 花柳源九郎 HANAYAGI GENKUROUofficial web site

花柳源九郎

花柳源九郎

花柳源九郎 (はなやぎ げんくろう)

幼少の頃より、父である花柳智人の下、舞踊の道を歩み、現在、四世宗家家元花柳壽輔に師事。
主に、古典の舞踊を基盤に活動し、数々の舞台に出演。
テレビ、メディアへの出演や振付、海外での舞踊公演など、多くの場で活躍する。
また、それぞれの作品において高い評価を受け、数々の賞と共に、多彩な活躍を続けている。

1981 昭和56年 1月26日 奈良県に生まれる。
1990 平成2年 「操三番叟」にて初舞台。
1998 平成10年 花柳源九郎の名を許される。
      「供奴」にて、大阪府知事賞受賞。
2000 平成12年 「雨の五郎」にて、新進舞踊家競演会新人奨励賞受賞。
2002 平成14年 花柳流専門部修得。
2003 平成15年 東京藝術大学卒業。
在学中、安宅賞・浄観賞を受賞。
2007 平成19年 「流星」にて、文部科学大臣奨励賞受賞。
2010 平成21年 リサイタル「達真・源九郎の会」を開催する。


その他、『日本舞踊協会公演』『国立劇場公演』『国立文楽劇場公演』『東京藝術大学公演』を始め、NHK『芸能花舞台』など数多くの作品に出演。

また振付助手として、比叡山薪歌舞伎、蜷川幸雄演出作品、石井ふく子演出作品などにも参加する。